2018年3月、インディアンウェルズ・マスターズで元世界1位マリア・シャラポワ、世界ランク5位のカロリナ・プリスコバ、世界ランク1位のシモナ・ハレプを次々に破る。決勝ではロシアのダリア・カサキナを倒し、WTAツアー自己初優勝という快挙を成し遂げ波に乗る大阪なおみ選手。これからさらなる活躍が期待される大阪なおみ選手についての最新情報、試合予定からランキングや国籍、日本語の実力など、大阪なおみ選手に関するたくさんの情報を投稿しています。

大阪なおみ・速報!

4月21日~22日に兵庫県三木市にて、女子国別対抗の2018・フェドカップ・ワールドグループ2・プレーオフが開催。大阪なおみ選手も日本代表として出場。結果は日本チームが勝利。日本は、2019年のワールドグループ2への昇格が正式に決定。

また、4月30日現在で、大阪なおみの最新ランキングは、22位から21位へと順位を1つ上げる。

一方、当初は出場を予定していたトルコ・イスタンブール2018(4月23~25日開催)への参加は見送った。

大阪なおみ選手のこれまでの成績(2018年以降)は以下の通り。

3月 マイアミ・オープン(米国フロリダ州) → 2回戦 敗退

3月 BNPパリバ・オープン(米国カリフォルニア州インディアンウェルズ) → 優勝

2月 ドバイ選手権(アラブ首長国連邦) → 準決勝進出

2月 カタール・トータル・オープン → 2回戦 敗退

1月 全豪オープン → 4回戦 敗退

1月 ホバート国際 → 1回戦 敗退

少しずつ成長し、頭角を現し、3月の米国カリフォルニア州インディアンウェルズのBNPパリバ・オープンでついに優勝を果たす。その後の米国フロリダ州マイアミ・オープンでは、憧れの選手セリーナウイリアムズにストレート勝ちしたものの、2回戦で敗退。しかし、今後活躍が期待され、早かれ遅かれグランドスラムを制覇する可能性も囁かれている。

なお、大阪なおみ選手の速報は、NAVERまとめ「WTA女子テニス:速報、大阪なおみ最新情報」でもチェックすることができます。また、過去の試合結果については、大阪なおみ選手の公式ホームページの「試合結果」でも確認できます。

大阪なおみ・今後の試合予定

大阪なおみ選手の今後の試合予定については、「ぐぐスポ」を参考にするといいかも。錦織圭特集ほか、テニスの試合予定や放送情報、フィギュアスケートや大谷翔平についての情報も網羅。

大阪なおみの国籍:「日本の国籍を維持?それともアメリカ国籍を選ぶ?」

大阪なおみ選手は、現在日本とアメリカの2つの国籍を持っており、いわゆる「二重国籍」の状態。一方、「テニス選手としての国籍」は日本を選択している(姉の大阪まりも日本国籍を選択)。

なぜ二重国籍なのか?その前に、日本とアメリカの国籍に関する制度の違いを解説したい。日本は「血統主義」と呼ばれ、両親のいずれかが日本人であるなら居住地に関わらず日本国籍が与えられる。一方、アメリカは「出生地主義」でアメリカで生まれた者すべてにアメリカ国籍、つまりアメリカの市民権が与えられる。大阪なおみの場合は、母の環さんが日本人であるため、自動的に日本国籍が付与。一方、父のレオナルドさんはアメリカ国籍(ハイチ出身のアメリカ市民)であるが、大阪なおみ選手はアメリカで生まれているわけではない(生まれは、大阪)。しかし、大阪なおみ選手が4歳の時に家族でアメリカに移り住んでいるため、その後、アメリカ永住権の取得を経てアメリカ市民権を取得したのでは、と想像できる。

父のレオナルドさんは、ハイチで生まれ育ち、ニューヨークの大学進学を機にアメリカに移住し、アメリカ国籍を取得しアメリカ市民となった。母の環(たまき)さんとはアメリカで出会い、結婚している。よって環さんについては、アメリカ永住権を所有しているか、すでにアメリカ国籍を取得しアメリカ市民である可能性もある。結婚後は、日本に戻り、大阪で居住、大阪なおみ選手は大阪で生まれている。そして、13年間日本で暮らした後、アメリカ(フロリダ州)に移住し、現在に至る。

さて、大阪なおみ選手は今後、国籍を日米どちらにするのか、ということであるが、日本の場合は二重国籍を持つ者は22歳になるまでにどちらかの国籍を選択する必要がある。一方アメリカには日本のような縛りがないため、二重国籍の維持が可能である。よって、大阪なおみ選手にとっては、日本においては22歳までに日本国籍にすると宣言し、アメリカについてはアメリカ国籍を捨てるための手続きをしなければ、事実上、二重国籍のままでいることが可能というわけだ(新たな法律ができない限り)。その方が、本人にとっては都合がいいのかもしれない。さらには、本人が自分を何人だと思うか、などアイデンティティの問題もあるわけで、仮にアメリカ国籍を選んだとしても、本人の心の中では日本人としてのアイデンティティを持ち続けていて欲しいと思う。

アメリカのテニス協会からの誘いもあるようで、彼女の国籍選択については今後の動向が気になるところである。一方、2020年東京オリンピックでは日本代表選手としての出場を希望しているそうだ。「(テニス選手として)アメリカ国籍になったら、もう大阪なおみは応援しない」なんて言っている輩もいるようだが、将来彼女がどちらの国籍を選ぼうとも私は今までどおり応援していきたい。

大阪なおみの母情報

大阪なおみ選手の母、環さんは、写真の左から2人目の女性。肝っ玉母さんみたいな豪快な感じのお方ですが、優しくて愛嬌がありそうな方ですね。

少し調べてみたところ、スピードスケートをされていた過去もあるようで、テニス選手ではなかったもののアスリート系。大阪ではもともと父のレオナルドさんと英会話教師として働いていたとのこと。ちなみに、苗字の大阪というのは、大阪出身であっても単なる偶然だそう。

3月の米国カリフォルニア州インディアンウェルズのBNPパリバ・オープンで優勝したときには、お姿を見かけませんでしたが、センターコートの観客席で応援している姿を見たいものです。

大阪なおみの日本語・英語の実力はいかに?

https://www.instagram.com/p/BgfZBGNl6ub/?taken-by=naomiosakatennis

日本の大阪で生まれたとはいえ、4歳に時にはアメリカに移住。当然、それ以降は基本的には英語環境。おそらく、日本語を話す機会は、日本人である母の環さんや日本人の友達と話すとき以外は、限られるのでは?そうなると、第1言語(主要言語= dominant language)はあくまでも英語になるのは言うまでもない。フロリダ現地にも日本語学校など日本語を学ぶための学校もあるだろうが、よほどの努力をしない限り、日米バイリンガルはおろか日本語力をキープするのも容易なことではない。

そんななか、テレビで日本語による取材を見ている限りでは、日本語を聞くことはできても、話すのが苦手な感じ。まあ、そんなちょっと違和感のある日本語を話す大阪なおみ選手が逆に可愛く思えてくる。

一方、英語については、母国語として申し分ない実力。しかし、YouTubeで彼女のインタビューがアップされている動画のコメントを観ると、英語の話し方がもごもご言っている、みたいな否定的なコメントも複数あったっけな。たしかに、先の3月のBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)での優勝インタビューは、世間からも「史上最悪」と言われているけど(同時に本人も、”worst speech of all time”と認めていた)、そこが彼女の天然キャラで可愛いところだよね。

 

 

大阪なおみ、今後の試合の放送予定

大阪なおみ選手の今後の試合の放送予定については、「ぐぐスポ」を参考にするといいかも。錦織圭特集ほか、テニスの試合予定や放送情報、フィギュアスケートや大谷翔平についての情報も網羅。

日本人離れした体格!大阪なおみの身長は?

大阪なおみ選手の身長は、ずばり180センチ!日本人離れした体格で高身長であることは間違いないが、テニス選手としてはどうなんだろう?他の女子テニスプレーヤーと比較してみた。

セリーナ・ウイリアムズ: 175センチ
ビーナス・ウイリアムズ: 185センチ
マリア・シャラポア: 188センチ
シモナ・ハレプ: 170センチ
ビクトリア・アザレンカ: 182センチ
アンジェリーク・カーバー: 176センチ

こうしてみると、180センチはテニス選手として普通なのかな?

今さらきけない、大阪なおみのプロフィール

誕生日: 1997年10月16日
出身地: 大阪府大阪市中央区
自己最高ランキング: シングルス21位。
身長: 180cm
体重: 69kg。
*右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

国籍: 日米二重国籍(2018年現在)
(「テニス選手としての国籍」は日本を選択)
所属: 日清食品ホールディングス
練習拠点: プロワールドテニスアカデミー

大阪なおみの公式ホームページはこちら

現在の大阪なおみのランキングを知るならここ!

大阪なおみ選手の現在のランキングについては、このサイトを見ると一発で分かります。2018年4月19日現在では、22位のようです。グランドスラム優勝を目指して、がんばれ!!

テニスマガジンに大阪なおみ特集(6月号)

テニス好きのあなたには必見のテニスマガジン。6月号は大阪なおみ特集。

 

また、テニスマガジンの購入は楽天カードがお得。今なら、5000ポイント付与、しかも年会費は無料。

*楽天カードについてもっと詳しく

大阪なおみの大躍進に貢献したコーチ「サーシャ・バジン」はどんな人物?

現在の大阪なおみ選手のコーチは、サーシャ・バジン(Sascha Bajin)コーチ。以前は、テーラー氏だったが2018年からはサーシャ・バジンになっている。

セルビア出身で、33歳のイケメンだ。サーシャは有名コーチで、以前セリーナ・ウイリアムズの練習相手を務めていたことで知られる。

彼の持ち味は、選手の試合中の精神安定を重視したアドバイス。これまで大阪なおみ選手はミスがあるたびに自分を責め、落ち込んでいた。そんな大阪に対し、サーシャコーチは「試合中ポジティブでいること」を教え続けている。

また、サーシャは大阪なおみ選手について、元世界1位のセリーナウィリアムズと比較しつつ、「彼女ほど強いストロークを打つ選手を見たことがない」とも。また、将来の目標として「グランドスラム優勝」を公言し、大阪なおみの「可能性は無限大」とも語っている。

かつてはセリーナウィリアムズの練習相手をしていたほどのコーチが大阪なおみと組んでいるわけで、サーシャコーチが大阪なおみ選手にほれ込んでいるのは一目瞭然である。

大阪なおみのインスタ投稿写真・動画で癒されてみよう!

大阪なおみ選手のインスタグラムは必見!家族や仲間の写真や動画が一杯で、彼女の魅力が満載。大阪なおみファンにとっては、微笑ましいショットが満載なので、癒されること間違いなし!

大阪なおみのインスタグラムは、こちらです。

書籍の紹介

よろしければ、私の推薦する書籍のレビューもご覧ください。

今回ご紹介する書籍は、ジョングレー著、大島渚訳の「ベストパートナーになるために」。原書のタイトルは、「Men are from Mars Women are from Venus」。つまり「男は火星から、女は金星からやってきた」。男女間の恋愛や人間関係をよりよくするための指南書ともいうべき一冊。著者のジョン・グレイ博士は、ベストセラー作家でありアメリカの心理学者でもある。人間関係の中でも特に、男女関係(パートナーシップ、リレーションシップ)のスペシャリストとして、ほかにも多数の男女間パートナーシップに関する書籍を出版している。本書は、1990年前半に全米ベストセラーになったジョングレー博士の力作。

翻訳が今は亡き大島渚であるところも興味深い。大島渚といえば、1983年に公開された映画「戦場のメリークリスマス」の監督だった。

この本は、「男性は火星人で女性は金星人」と言っているところからも、男性と女性は物事の考え方が根本的に違う、互いに異星人であるということを前提に、男と女が知っておくべき「分かち愛」のルールについて教えてくれる。相手の真の気持ちがが理解でき、「男女間のよりよい関係を構築するため」の秘訣について包み隠さず教えてくれる究極の本、といってよいだろう。

自分にとって目からうろこだったのは、男性は女性から相談された時に、ついつい「解決策を提示」してしまう、というくだり。でも、実は女性の方は何も解決策をあなたから求めているのではなく、単に「私の話を聞いて!」と言っているに過ぎないということ。男性は頼りになるところを相手にアピールしたいばかりに、「こうしたらいいよ、あーしたらいいよ」みたいに、相手に解決策を押し付けようとする。これは逆効果で、相手の女性はただあなたに黙って自分の話を聞いてほしかっただけなのだ。

逆に、余計なアドバイスをすることで、女性はイライラがたまり、男女間に微妙な空気が流れることになりかねない。あなたもそんな経験ないだろうか?私はしょっちゅうある。(笑) ジョングレイ博士は、ほかにも男女間の考え方の違いをおもしろおかしい例を交えながら我々に教えてくれる。

男女間と言っても、彼氏彼女、夫婦、或いは友人関係等いろいろな形があるが、ジョングレイ博士が教えようとしていることは、男女間のコミュニケーションのあらゆる場面で活用できる。男女間の関係についての書籍は他にもたくさんあるが、この書籍はまさに同分野の「バイブル」的存在だ。一度は読んでおきたい1冊である。